【布製品】木版手染めぬいぐるみ・陣屋福猫

【布製品】木版手染めぬいぐるみ・陣屋福猫

価 格: 1,210円(税込)

在庫 ◎ あり
数量:
■飛騨高山に伝わる陣屋福猫は、福を招き、禍より守ってくれる御守りです。

■前面にはねこじゃらし、背面はマタタビの実がデザインされています。

<陣屋福猫の由来(飛騨の伝説)>
高山陣屋郡代の奥方は猫が好きで、一匹の猫を飼っていた。
その猫は、奥方よりも姫になついていた。
ある日、庭の松の下で鯉を見ていた姫に、狂気のようになって猫が着物の裾を引っぱり出した。
これを見た郡代が「不届き者」と猫の首を打ち落すや、首は飛んで松の木の上かあ姫を狙っていた大蛇の首にかみつき、大蛇は死に果てた。
そこで始めて猫が姫を守っていた事がわかり、郡代は後悔し、祠を建てて猫の霊を慰めた。
現在もその祠は「陣屋根古石」として高山陣屋の真裏に祀られている。

■奄美の花・ハイビスカスとシャリンバイの実がデザインされています。

※手染めは色合い、色の濃さに1つ1つに個体差があります。
その点をご了承の上、ご注文ください。

サイズや素材などの詳細

● 寸法 高さ:約10.5cm
● 入数 1個
● 素材 綿、籾殻
● 産地 日本製(岐阜県)

その他の写真

【布製品】木版手染めぬいぐるみ・陣屋福猫

価 格: 1,210円(税込)

在庫 ◎ あり
数量: