門司ヶ関人形 [新着ご案内]

福岡県北九州市門司区の工房で作られている小さな土人形です。
昭和20年代〜昭和50年代まで作られていた民芸品で、作者の逝去により一旦廃絶していましたが、その後、残された十数体の人形を参考に、現在の製作者・上村誠さんが受け継ぎました。
型は使わずに指先の感覚のみで土を成形したあと、自然に乾燥させた生地に直接絵付けをしています。十二支、節句人形をはじめ、門司に由来するさまざまな人形が作られています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7